真夏ヒルクライム アタック2 ~群馬赤城山~

筑波山の次は、9月に開かれるヒルクライムのコースの下見をするということで群馬県前橋市の赤城山にいきました。

8月に入って第一週の日曜日に決行。当初は電車で輪行の旅を考えてましたが、調べてみると新幹線に乗ったり、普通電車に乗ったりとアクセスがあまり良くなく、車に自転車2台を乗せての旅に変更。友人K氏の埼玉県草加市に8時に迎えに行き、草加を出たのが8時半。既に夏休みも開始ということで、外環自動車道からタラタラとした渋滞が始まってました。いやな予感が的中、関越自動車道に入っても事故渋滞などがあり前橋インターに着いたのが12時過ぎ。相当な渋滞に巻き込まれました。

そこから降りて20分ぐらい走ると、今回のヒルクライムの大会練習車用のパーキングに着きます。大会に向けて専用パーキングを開設しているなんて、前橋市の計らいがまた素晴らしい。しかし、この気温の高さはさすが前橋市。パーキングに着き、自転車を組み立て、ジャージに着替えると、群馬県の暑さは半端ない。この日の東京の最高気温は33℃ほど。もうすでにこの場所は36℃超え。ジャージにあたる日差しがじりじりときます。

暑いのは相当な苦手な自身はこれまたテンションが下がります。ボトル2本にアクエリアスをしっかり詰めて出発。
1

走り始めたばかりなのに汗が噴き出す始末。赤城山までのコースは市街地を抜けるともうそこからが上り坂。延々と始まりました地獄のヒルクライム。途中気温計が39℃になってました。暑い暑い。本当に?外気が既に熱が出ている状態。
平均勾配6.4%最大勾配9.4% 前橋合同庁舎の標高123mからゴール地点の赤城山総合観光案内所までの標高1,436mまで駆け上がるコース。
2

途中10キロ地点までは友人Kと走りましたが、その後は体力が続かずまたまた背中が一気に見えなくなりました。こうなると自分のペースになるのですが、諦めモードも徐々に増してきます。ペダルを回しても回しても、同じ風景。そうなると自転車に乗ることそのもの自体が飽きてきます。体休めとリフレッシュがてら自転車を止め風景を眺めて気分転換を何度か。
3途中に、山頂から流れてくる水流が涼しげを誘います。体温はますます上がってきてダイブしたい気分にかられます。
419キロ地点に到着した時には、山頂に到着しただろう友人Kにリタイアして帰る旨を電話しましたが不通。仕方なくそのまま上がりようやくゴール。
56ここまで計測地点からおおよそ22キロ弱。本レースじゃなくて良かった。ってもうレースまであと少し。鍛えなければ。
7疲れ切りましたが、やはりご褒美のアイスがある山頂。
8

さっそくミックスアイスを購入。ミックスアイスと言えばチョコとバニラが定番!にもかかわらず、バニラと抹茶でした。トホホ。
9次回は日光のヒルクライム アタック3です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加    


真夏ヒルクライム アタック1 ~ 筑波山 ~

7月の海の日、当初は9月に開かれる前橋ヒルクライムのコース下見で、群馬県の前橋に行く予定でいたのですが、台風の影響で延期。この連休は自宅でラン&バイクのトレーニングにシフト。天気もまずまずになったところで前日にいつもの友人K氏がメールで「明日ヒマ?筑波山行こう!」が入ったため、暇ではないですが行くことにしました。

輪行で電車で行きます!つくばエクスプレス(TX)に初めて乗りました。なかなか綺麗で、連休中なのに込んでなく、自転車もあるので一番前に陣取りました。
1

目的地には時間通りにつきましたが、気の早い友人は既に到着、スタンバってました。つくば駅、近代都市のような作りでびっくり。

太陽はさんさんと照りつける中、いざ筑波山に出陣。つくば駅から筑波山まで片道15キロほど。アップさせるにはちょうど良い距離です。しかし日差しが暑い。

ヒルクライムはロングライドの時にはコースコースで出てきましたが、自分は坂道大嫌い。なのに友人K氏の強い勧めに断れず、9月の前橋ヒルクライムに参加することに・・・。

筑波山の麓につくと、こんな田舎にも関わらず、思い思いのジャージを着こんだチャリダー達を発見。わざわざここまで足を運ぶ、強者たちが下から上へアタックをかけています。
23

この時期ツールドフランスも放映されていたせいもあるのか、タイムトライアルをしているチームも。山岳賞を狙ってがんばれやと自分は少々テンション下げ気味。友人K氏がアタック開始。自分も仕方なくその後に続きます。あっという間にK氏自分の世界に入り、視線から消えて行きました。
4

平均斜度7% 最大10%の不動峠、全長4キロコース。4キロというと大したことなさそうですが、これがかなりのもの。ただ緑の中を通って行くので、マイナスイオンと空気がヒヤッと気持ちよく感じられました。
5

結局自分はこのコースを2回アタックして終了、友人K氏は3回アタックしてました。
6

この日ヒルクライムが更に嫌いになりそうな気分になりました。
7

このエントリーをはてなブックマークに追加    


フィッシュオン 北浦!~ビッグバス~

このGWに久しぶりにバス釣行しました。メンバーはいつものあにーとJr.と私の三人。

場所は茨城県にあります、北浦。前日の天気予報は午前中曇り午後より雨という、あまりよろしくない天気。当日はいつものゴムボートも出帆予定!?一抹の不安もありましたが釣り吉3人は予定通り当然決行。

あにーのご自宅に6時前に到着。前日はやはり遠足前のような気持ちでやや睡眠不足気味。空もどんより曇り気味。あにーの車に乗ったらどんより睡眠が襲ってきました。すみません。

北浦に8時前に到着。曇ってはいましたが、まだ雨降る様子はなし。12

早速、ボート、エレキ、バッテリー、タックルの車からの積み下ろし開始。タックル以外なかなかの重量です。これも朝の良い運動でした。ボートをおろして早速、ポンプアップ開始、当然これもコンプレッサー無しで原始的に空気入れ開始。これでいいのだ!

3

4 気温も思ったより上がらず寒かったのでちょうど良い。出船開始、少しずつ南風が強くなってきました。何となく湿って雨風っぽい。ここの北浦はあにーが一昔前に良く釣行したホームグラウンド。
5
天候はいまいちですが、なんとなく釣れる予感。ビッグフィッシュの予感。と、いつも思うのですが毎回肩すかし。おそらく雨が降り出す前の数時間が勝負。ぐずぐずしてられません。あにーのガイドでまずは橋げたへ。
風邪も強いため、クランクベイトで探りをいれます。当たりなし。スピナーベイトのシングルリーフで探りを入れてみます。ノーフィッシュ。続きまして過去の経験上、マッディーウォーターはゴールドのダブルウィローリーフと直感が働きました。

次のポイントへ。水門から少し手前のストラクチャー周りのポイントへ。ここもあにーの経験上のセレクトです。因みに私たちのゴムボートには推進力のエレキ以外は魚探などハイテク装備は当然ついてなく過去の経験と直感のアナログ使用。

なんと今回のポイントには既に数百万するだろう、そうそうたるハイテク装備のバスボートに乗り込んだアングラーたちが4ほど入ってました。こうなるとゴムボートだと肩身狭い感じに。何となくバスボート群に上から見られているような気もしないでもないが。。バス釣りを楽しむ気持ちは負けてないーってところで、早速キャスティング開始。

2投目あたりにぐんっという感触、来ましたよ、久しぶりのあたりがなかなかのグッドサイズの予感。上がってきたところでジャンプ一番腹を返して逃げられました。さすが10年以上前の錆びついたスピナーベイト、フックアップしないのも当然と苦笑い。

でもあのお腹はなかなかのスポーニング前のでっぷりバス!逃がした魚はデカイ。でもバイトがあったてことはその攻略は間違っていない事、なんとなく自信が。

ボートが風に流されながら、あにーがうまくエレキをフットコントロールしてくれてました。今度は水門手前のストラクチャーにキャスト。

ぐんっと竿先に重い当たりが。その後はぐいぐいとロッドが曲がり、大物の予感。久しぶりのビッグフィッシュに、胸が高鳴ります。

水面から出てきたバスにご対面。なかなかの面構え。ハンドランディングでキャッチ。40オーバーのグッドバス。
76どやどやー、バスボート軍団!私の高笑いが彼らを大きく傷つけるのでした。バスボートの方たちはノーフィッシュだったような。

いやーバス釣り最高っす。この後もワーム系で大きなあたりがあり一度はフックアップし乗ったのですが、3ポンドと細すぎるラインでぷっつり。バスを少しなめてました。
Jr.はW大高等学院の鉄研部、釣れなくとも鹿島線の電車を撮影、思い思いに楽しめたようです。

この後、雨は本格的になり、11時には撤収。良き判断に感謝です。

今年の夏はこの3人であの奈良県の秘境、クリアレイクで有名な七色ダムに遠征する予定です。。

次回もまた北浦行きたいっす!!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加    


桜の季節

事務所の近くにある神田明神の桜が良い感じになってきました。先週あたりから一気に温かくなってきて、つぼみがちらほら。

2
土曜日東京は24度くらいになったので徐々に花が開いてきました。

 1

 そして今日はさらに。満開ですかね。午後に事務所に戻り、桜が見えたのでパシャッと。
影ってあまり見えませんが。3

春は入学、入社、異動などがあり、フレッシュな季節。当事務所でも大変お世話になったご担当の方々が異動になり本当に残念です。

また新規の場所で思い思いに頑張られて下さい。また、桜の季節に絶対お会いしましょう!

 

戻っていらっしゃるのお待ちしてますから。どうぞお体気を付けて頑張って下さい!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加